落し蓋は、時間が掛かる

かっこつけて、タイトルを五七五調にしてみました。
「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」
をイメージした今回の記事です。

落し蓋。

私の好きな調理方法です。

落し蓋をすると、煮物などは大抵上手く行きます。
料理が決して上手いとは言えませんが、それでも上手く行きます。
栗の甘露煮、鱈の煮つけ、肉じゃが、大根の煮物……
落し蓋は、アルミホイルでも出来るので、落し蓋自体がなくても、代用可能です。
ですが煮物は、時間が掛かります。
汁気がなくなるまで、味が染み込むまで、ひたすら煮込むのです。
そしてじゃがいもはホカホカになり、大根も味が染みて美味しくなります。

悩みの解決にも、時間は要するものです。

何事も、時間が掛かるものです。
落し蓋の煮物だけでなく、悩みの解決にも。

もちろんスピリチュアルで悩み解決の方法を、実行したとしても。
解決までには、時間が掛かるものです。
魔法で、すぐに悩み解決!という風には行きません。

悩みの解決まで、当相談室ではお手伝い致しますが、時間が掛かっても、まず投げ出さないことが一番大切です。
それは相談者の方にもよく言うことです。
しかし、必ずやって行けば、解決に繋がります。
そして、先生は力があります。
ですから信じて、スピリチュアルを疑わないでやって行けば、必ず悩み解決に繋がります。

私の相談室では、スピリチュアルな解決方法をご提示します。
詳しくはサイトにて、ご相談の際はカウンセリングの受け方をよくご確認の上、相談申込をお願い致します。