一言に「スピリチュアルを信じる」と言っても

さてそれはどんなことと言われるとと思い再び記事を更新します。

私自身は、スピリチュアルに助けられたので、この考えは漠然とではなくハッキリした形を取っています。
でも、大抵の方には漠然としたものだと思われます。

例えば、霊的な存在。
神様、仏様、幽霊、悪霊、その他。
ゴーストバスターとかキャスパーとか知ってますか?
でもそんな楽しい感じではないのです。

神様にもいろいろありますが、ギリシア神話ならゼウスとかアテナとかが有名どころ、
北欧神話ならオーディンやトールなど、
ケルト神話ならクーフーリンとか有名ですよね。父親が太陽神です。
キリスト教ならばもちろんイエス・キリスト。
仏教なら仏様が沢山いらっしゃいます。
ユダヤ教はまだ、手を付けていません。

「神様」「仏様」と呼ばれていますが、基本的には目に見えない存在です。
でも、科学とか発達していなかった大昔は、天国と地獄の概念がはっきり人々の頭の中にあって、
しかもこれらの神様を崇拝していました。
誰に教えられずとも、神様仏様という目に見えない存在を信仰していたのです。
そしてだんだん信仰しなくなって行って、現在に至る訳ですが。
昔の人が信仰していたのに、だんだん信仰されなくなっていく過程は非常に悲しいものがあります。
しかし、やっぱり神様仏様はいるんだって、信じられる人。
それがまずスピリチュアルを信じてると言って良いのではないでしょうか。

ちなみに錬金術も、「黄金を錬成する術」として有名ですが
本来は「神様と交信する」という目的で、霊的なものと交信したり、自分の霊性を高めたりする為に、「賢者の石」の錬成を目指したそうですよ。
まだまだ勉強不足ですが、でもやっぱり目に見えない存在を信仰する文化は昔からあった訳で。
今は無理矢理それをもみ消しちゃってる感じがします。それが悲しい。

という訳で、私の相談サイトではそんな目に見えない存在を信じる方、の悩み相談を受け付けしています。

天地創造も、宇宙との関連からすると、やっぱり一概に作り話ではない所があると管理人は思います。
今日はこの辺で。