親の愛情について。

親の愛情は、子供にとって非常に必要なものです。

ですから、赤ちゃんは、あんなに泣き叫んで親を求めるのです。

赤ちゃんにとって、生まれて来たこの世は、当然不安でいっぱい。

分からないことだらけ。

言葉だって知りません。何が何だか分からないのです。

ですから、すがれるのは、その子の親、お父さん、お母さんだけ。

その親に、強烈な愛情を求めるのです。

 

親から愛情を受けると、赤ちゃん、子供は安心して、それを足掛かりに、世の中のいろんなことを知って行こうとします。

逆に親の愛情がないとすれば、その子は不安でいっぱいになり、感情も乏しくなり、人間らしくなっていくことが難しくなります。(極論ですが)

 

赤ちゃん、子供は、当然、世の中のことが分からないから、不安になります。

言葉だってまだまだ分からないです。

だけど、「自分に愛情が与えられているかどうか」ということに関しては、非常に敏感なのです。

赤ちゃん、子供にとって、生きて行く上で一番必要なのは、まず愛情です。

 

お母さんにとっては、赤ちゃんがしょっちゅう泣き叫んでいることに対して、疲れてしまうこともあるでしょう。

だから、放っておいてしまうこともあると思います。

でも、それに完全に無関心になってしまうのは、赤ちゃんの心を殺してしまうのと同じことだと思います。(極論ですが)

 

私自身、親の愛情を感じずに育ちました。

愛情がないので、自信を持つことがまず難しい。

「何かにすがりたい」と常に思ってしまう。

当然、正常な人間関係を築くことが難しくなります。

そうすると、周りとの関係も自然とこじれて来るものです。

その人に何か能力があったとしても、親の愛情を求めるのが優先の為、その能力を存分に発揮することも難しいでしょう。

年齢がどんどん積み重なって、容姿的には「大人」になったとしても、親の愛情がない限り、一人の「人間」としては完成していません。人間に完成はないのかもしれませんが。

 

そして、普通に出来るはずの恋愛も、その人には出来なくなってしまう。

 

実体験を交えて、書いてみました。

親と確執がある場合、ますます難しくなって来る愛情問題。

虐待、ネグレクト、子供への言葉の暴力、いろいろな問題が今起こっています。

その中で過ごす子供、赤ちゃん達の辛さを思うと、本当に悲しいです。

私はいまだに自分の身に起こっているように感じてしまいます。

 

無償の愛情というのは、技術のように「覚える」ことは出来ません。

与えられて初めて、愛情を知るのです。

それに言葉は必要ありません。

言葉が無用な瞬間というのは、いくつもありますよね。

特に赤ちゃん、子供には、言葉より、抱っこしてあげたり、抱きしめてあげたりの、スキンシップの方が、重要なのです。

そうして赤ちゃん、子供は安心出来るのです。

 

私個人としては、赤ちゃんがあんなに激しく泣くのは、不安で不安で仕方なくて、助けを求めて泣いているように思えます。

 

大人になると泣きはしないものの、心の中で感情を蓄えて、心の中で泣いたりしますよね。

でもそれは、表には見えないから、一見すれば分かりません。

 

親の愛情を感じられなかった…と感じる大学生の方も多いでしょう。

ですので今自分がどう生きれば良いか分からないとか、そう感じる人も多いでしょう。

何が欲しいのかさえ分からない、何をしたら良いか分からない…

 

今回の話題はあまりスピリチュアルとは関係ないかもしれませんが、

でもスピリチュアルで解決出来ることかもしれません。

というのは、スピリチュアルには、愛情を教えてくれる場もあるからです。

もちろん心が癒えるのは時間が掛かるかもしれませんが、相談によって皆さんの心が癒えることを願って、相談を受け付けています。

もちろんスピリチュアルを信じる方のみです。

スピリチュアルに関しては、また書きます。

本館サイトにて、相談を受け付けています。東京都内の大学生の方のみです。

詳しくはサイトをご覧ください。

 

今日はこの辺で。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM