「星の王子さま」

ご存知の方も多いのではないかと思います。

私自身は、岩波書店版の内藤濯(あろう)さん訳の文庫本を持っています。

大好きな本です。

 

読んでる最中に涙が止まらなくなってしまったことがあります。

友達とは、人との絆とは、心の在り方をどうすれば良いのか、など、不思議なタッチのお話ですけれど、優しく語り掛けて来るお話で、一度読んでしまうと心の中が「星の王子さま」の味わいでいっぱいになってしまいます。あくまで私の感想です。

 

友達とは。

友達が沢山いらっしゃる方もいるでしょう。

ごく少数の人と仲良くしたいという人もいるでしょう。

あるいは、孤独を好む人も。

ところが、友達が欲しくても友達が出来ず悲しい思いをしている人もいます。

私自身も友達はほとんどいません。サイトにも詳しく書いてありますが。

 

しかし、友達の多さと、絆の深さというのは、別物である気がします。

どれだけ信用出来るのか、どれだけ信頼しているのか、深い愛情を感じているのか。

もちろん、恋愛感情ではなく、友達としての愛情という意味です。

 

大勢の友達に囲まれて、ワイワイ楽しいひとときを過ごすのも楽しいことです。

しかし、どこかで孤独を感じてしまうことはないでしょうか?

深い心の繋がりを求めようとすると、難しいことはないでしょうか?

 

昔からあったものですが、「いじめ」というのも、大きい問題です。

特に、中学校、高校で多くいじめが発生していると思います。実体験も交えて言っています。

その時、今まで友達だと思っていた人が、いじめ側に回ってしまって、無視やからかい、嘲りを始めてしまったり、

友達だと思っていなかった人が、逆に助けてくれたりと、人とのつながりを考えさせられる場面に多く出くわすことと思います。

最近では、助けてくれる人がいなくて、自殺まで至ってしまう人も多いようです。

でも自殺は良くないことです。

なぜなら私たちは生かされているからです。

 

友達が欲しいと思っても、薄い繋がりしか出来なかったり、いじめにあったりして、

人を憎むようになってしまう時もあります。私もそうです。

しかし人を憎んでも、良いことがないのが現状です。難しいですが。

 

友達という分野?に関して、悩むことは尽きません。

人間関係というのは、1+1=2という風には行かないので、そこがまた難しい所です。

心や感情の作用も大きいです。

ですのでどれだけ人を好きになろうと努力してみても、難しいこともあるでしょう。

 

話がまとまらなくなってしまいました。

そんな時に「星の王子さま」を読むと、なんだか心が洗われる気がする、と思う。

のは私だけかもしれませんが…

 

しかし本を読むのも、心の状態が安定していないと、頭に入って来ないこともありますよね。

 

私のサイトでは、友達と問題が起きてしまったり、何故か解決しない難しい人間関係だったり、そんな問題をスピリチュアル方面から見て、解決方法をご提示させて頂けるように相談を承っています。

本を読むだけでは、心の中が解消しないことも多いと思います。

私自身モヤモヤの時は、本を読んでも頭に入って来ません。

スピリチュアルは、そんな時も助けになってくれることがあります。

 

また今回の話も、スピリチュアル色が薄いのですが、

私のサイトではスピリチュアルを信じる方向けの大学生悩み相談を行っているので、ご縁があれば、ぜひいらしてください。

ご相談の際には、注意書きをよくお読みの上、お願い致します。

スピリチュアルを信じる方のみご相談を承ります。それ以外の方は申し訳ございませんがお断りしておりますので、ご了承下さい。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM